銀行

銀行のキャンペーン金利

退職金にもキャンペーン金利

銀行のキャンペーン金利は、平成22年4月25日時点では、三菱東京UFJ銀行の「1年定期新規お預け入れキャンペーン」があります。また、三井住友、りそな、みずほの3銀行は、退職金にキャンペーン金利を適用しています。銀行のキャンペーン金利は、預入期間が数ヶ月から1年であることが多いですが、次の2つは異例です。新生銀行の2週間満期定期は期間の短さで異彩を放っています。しかも、金利は年0.35%(4月12日付け、税引き前)と高水準です(1口100万円)。いわゆるキャンペーン金利ではありませんが、この商品自体が新生銀行のキャンペーン定期といえます。高い金利と超短期で元利継続デフォルトの魅力は大きいです(自動解約に変更可能)。また、あおぞら銀行のダイレクト定期は金利を随時みなおす商品ですが、インターネットでも申し込めるようになったため、あおぞら銀行では、平成22年4月1日から4月30日までキャンペーン的な高い金利を設定しています。あおぞら銀行ダイレクト定期のキャンペーン金利は、300万円未満の1年もので年0.40%、1000万円以上の5年もので年1.00%(いずれも税引き前)で、預入時のキャンペーン金利が満期まで継続されます。1年ものは単利ですが、3年ものと5年ものは半年複利なので、あおぞら銀行ダイレクト定期のキャンペーン金利がさらにお得なのです。

銀行の金利の比較

銀行の利率を比較

銀行の金利を考えることは、経済を考える初めの一歩です。自分の銀行預金の金利がどのように変わってきたか、他の銀行と金利を比較してみるとコンマ2桁まで同じなのも不思議だし、違うなら何故かと思うはずです。ともあれ、銀行の金利を比較して、より高いものに預け替えるというのは地道ながら立派な資産運用法です。預金者のこういった行動は経済にいくらかの影響を及ぼします。ですから銀行も、競争もするけれど横並びを意識することもあるのでしょう。同じようなキャンペーン定期が時を同じくして出ても、金利が違ったり、預入期間が違ったりします。預金者は銀行の選択肢が広がって、より自分に合ったお得な金利で資産を預けられます。銀行の金利は平成22年に入ってからゆるやかに上昇傾向にありますが、回復基調とまでは言えません。銀行の金利は当分のあいだ、低水準を推移するでしょう。だからこそ、思い切って金利の高いネットバンクを始めるのもよし、キャンペーン定期の情報を追いかけるのもよし、預金者にも工夫する意欲が出ようというものです。銀行の金利が今のように多彩になったこと自体は喜ばしいことです。金利の高い銀行の商品を求めて少し行動を起こすのは、預金者として楽しみと言ってもよいと思います。

円の定期預金の金利の比較

外貨定期預金は株や投信に似た性格

円の定期預金の金利の比較を外貨のそれと比較してみるとガッカリするほどの低さだ。円の定期預金の金利が過去数年に比べればよくなってきたというものの、1%の金利を得ようをすれば10万円以上を5年から定期預金にいれなくてはならない。素早く高い金利をもらおうというもくろみは円の定期預金の金利ではありえないのだ。ただ外国のそれを比較して見てみると円の定期預金の金利と比較しても格段にたかい。主要通貨だけを比較して見てみても低い金利のものでも4%はきらない。わりと日本で人気のあるニュージーランドドルと円を比較してみよう。さまざまな銀行が外貨定期預金を取り扱っているがその中で比較して一番高い金利だったソニー銀行の定期預金の金利は50万円を1か月定期預金に預けると7.02%の金利がつく。円それと比較するとまさに天と地の差がある。ただなんのリスクもないわけではない。円での定期預金ではないということは、為替の変動の影響を受ける、さらに円から外貨に換える時に手数料がかかる。またニュージーランドの金融機関が破たんした場合の補償もない。我々は日本に暮らし、円を稼いで生きて行ってるのであるので、余剰資金での定期預金はいいかもしれないがどちらかといえばこのような金融商品は株や投信に似た性格のものだと思った方がいい。単純な比較だけでの判断は難しいというものだ。

金利の比較を定期預金で

驚異的な高金利のネット銀行

金利の比較を定期預金ですると仕方ないと思うがどこも似たり寄ったりだ。ただ過去数年と比較すると定期預金の金利は飛躍的に上がった。それと比較してみるとネット銀行と呼ばれる銀行の定期預金の金利の高さが目立つ。定期預金の金利が比較的に高いとはいえ1%、2%とという差がある。もともと日本の定期預金の金利は気休め程度でしかないのだから。代替平均して0.2%~の差がある。たかが0・2%とはいえあなどるなかれ、10万円の0.2%は200円なのだから。道を歩いていても200円は落ちていまい。現段階で一番高い定期預金の金利を提示してるのはイーバンク銀行だ。他の銀行の定期預金の金利と比較しても1年ものはそう比較しても高い金利ではないのだが、2年、3年預金の期間が長くなればなるほど高くなるようだ。それがほかの定期預金の金利と比較してやはり良い。現在1年ものが0.90%、3年ものが0.97%、5年ものが1.08%だ。過去の定期預金の金利と比較すると驚異的ではないか。ただし、途中解約をすると意味がない。金利が多い定期はどうしても期間的な縛りがある。余剰資金で株や投信と比較して安心な定期に預けるというのが資産運用のポイントだろうと思う。

銀行の定期預金の金利の比較

安心安全は低金利の定期預金
銀行の定期預金の金利の比較サイトは数多く存在する。とすると自分の銀行の定期預金の金利がどうだろうか?と他の銀行と比較したくなるというものだ。比較しても仕方ないが比較したくなるのが人間の性である。私も自分の銀行の定期預金の金利を他の銀行のものと比較してみることにした。私が使っている銀行はいわゆる店舗を持つ銀行だ。インターネットのみの銀行も定期預金を募っており、実店舗のある銀行に比較して金利が良いものが多い銀行の定期預金の金利は預けた年数と金額によって左右されるが、一年やそこら定期預金にいれたとしても金利は微々たるものだ。1%に満たない。これでは普通預金と比較してもあまり意味がないように思う。やはりまとまったお金を長期間預けることに定期預金の意味があるのではないだろうか。銀行の定期預金で金利を1%以上もらおうと思ったら最低でも10万円を5年以上預けなくてはならない。私の使っている銀行はというと定期預金のほかに外貨や投資信託という金融商品を合わせて高い金利を提供していた。定期預金と比較すればリスクのある商品なので結局金利もハイリスク、ハイリターンである。まだ銀行の定期預金の枠を出る勇気は私にはない。これから現在と比較して状況が良くなる事を祈るのみだ。

定期預金を扱う銀行の比較と特徴

銀行と一口に言っても実は様々な種類があります。ここでは銀行の種類と特徴についてを「都市銀行」「地方銀行」「信託銀行」「外国銀行」「商業施設との連携銀行」の5種類に分類してみます。
都市銀行や地方銀行、信託銀行など様々な種類があります。
・都市銀行とは
全国規模で銀行サービスを提供する銀行です。多くの場合国際的な取引も行います。定義上は大都市に本店を構えて全国に支店展開している銀行と言うことになります。一般的にはメガバンクとも呼ばれる「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」が含まれます。
・地方銀行とは
地方都市に密着する銀行と言う意味で、地方都市に本店を構え、その県内を主要な商圏とする銀行です。地方銀行と第2地方銀行に分類されます。県内には強みがありますが、広域的なサービスとなると都市銀行には劣ります。地域密着型のサービスを提供します。
・信託銀行とは
通常の銀行業務に加えて「信託業務」を行うことが許されている銀行です。金銭信託、有価証券信託、土地信託などの信託の他、不動産の売買仲介、証券代行業務、相続関係業務などを行います。土地活用、不動産業務などのコンサルティング業務に強みがあります。
・外国銀行とは
日本国外に本店がある銀行です。ちなみに、日本に在日法人を設立して本店を日本においている場合は外国銀行に含まれず、日本の銀行として扱われます(シティバンク銀行など)。外国銀行の場合、注意したいのは日本の預金保険制度であるペイオフの対象外となってしまう点です。
・商業施設との連携銀行とは
新たな形態の銀行とは、金融庁の銀行区分で伝統的な都市銀行、地方銀行などに該当しない銀行という意味です。代表的なものが「ネットバンク」あとはATM決済を基本とした「セブン銀行」、商業施設との連携を基本とした「イオン銀行」などが代表的です。

ネットバンキングの種類と特徴

ネットバンクとは

ネットバンク(ネット銀行・ネット専業銀行)とは、店舗や支店などを持つことなく、基本的にインターネット上でほとん
どすべての銀行サービスを提供している銀行サービスのことを指します。支店や店舗を持たないため、そうしたコストがかからないため、金利が上乗せされたり手数料が高くなっていたりとメリットがあります。
基本的に当サイトで取り上げているのはこのネットバンク(ネット銀行)です。最近では、ネットバンクといっても単に手数料が安い、金利が高いというだけでなく、それぞれのネットバンクにおいて特徴的なサービスを提供することが多くなっています。
たとえば、運用に特化した銀行や他のインターネットサービスとの連携に力を入れているネットバンクなど様々です。

ネット支店とは

ネット支店とは、一部の都市銀行などが提供しているサービスです。ネット支店と呼ばれる独自の支店に口座を開設したこ
とになり、サービス体系自体が別のサービスが提供されます。たとえば、ネット支店に口座を開設した場合、通帳が発行されない、一部の店頭サービスが制限されるなどがあります。しかしながら、店頭サービスよりも優遇された預金金利を受けられたり、手数料が優遇されたりすることがあります。
また、銀行と別の業態の企業が提携してひとつのサービスを提供するためにネット支店(インターネット支店)を作っているケースも見られます。(例:スルガ銀行+全日空。三菱東京UFJ銀行+カブドットコム証券。など)
ネットバンク(ネット銀行・ネット専業銀行)

ネットバンキングの特徴

ネットバンクの特徴である「インターネット」を使った銀行取引「ネットバンキング」というサービスはオンラインバンキングなどの名称で、都市銀行や地方銀行でも提供されています。
オンラインバンキング
オンラインバンキングとは、都市銀行や地方銀行など普通の銀行が、サービスの一環として行っているサービスです。インターネットで残高照会や振込み、振り替えなどが可能です。振込み手数料などは一部優遇されている場合がありますが、基本的には銀行のサービスの一環として行われていますので、金利・手数料などは店頭と変わりません。一部の銀行では、オンラインバンキングの利用について手数料(月額1000円程度)がかかることがあります。

金利の運用について

運用方法の考え方

景気がなかなか盛り上がらない中で、どれくらい待てばどれくらい金利が上昇するのか、全然読めない状況です。1年後かもしれないし、3年後かもしれないし、5年後かもしれない。5年間、短めの定期預金で運用したとしても、その間、結局金利が上がらなかったとすると、「あの時、諦めて5年もの円定期預金をやっておけばよかった」と後悔するのがオチですよね。また仮に早めに金利が上昇したとして、では何%くらいの金利になるか、ということですが、1年もので言えば、まぁ、1%前後くらいなのではないでしょうか?ちなみにこの10年間、10年の長期金利は一度も2%を超えていません。何回か景気回復局面があったにも関わらず、です。そうすると、少しの金利アップを待つために何年も低金利の短めの預金で継続しておく、というのはあまり賢い手ではありません。金利をミックスすることで、金利を高めながら、今後の金利上昇にも対応できる!ではどうすればいいのでしょうか?オススメはやはり、5年以上の定期預金、5年くらいの定期預金、1年くらいの定期預金、1ヵ月以下の定期預金に同額ずつ分散して預けることですね。そうすれば、高い金利の預金を選べば平均して魅力的な利回りになりますし、仮に今後金利が上昇しても、短めの定期預金の金利が上がってきますので、金利上昇のメリットも受けられます。定期預金版の「ミックス金利」ということですね。ぜひ参考にしてみてください。

金利のメリット

『ネット定期』のメリットは?

ネット専業銀行や一般銀行のネット支店が取り扱っていますから、窓口業務が主体の一般銀行や、ゆうちょ銀行と比べると、出店コストや営業コストなどを抑えられます。ネット銀行の定期預金の主な特長やメリットは、下記が挙げられます。・一般銀行より金利が高めに設定されている。・手数料無料で入出金・振り込みが可能。(提携ATMによっては一部有料)・1年定期のキャンペーン商品では、金利1%以上のお宝商品もある。・最低預入額が100円以上、1,000円以上、1万円以上など、少額からでも預金可能。また、ネット上での取引に不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、一般的な定期預金と同様、ネット定期も預金保証制度(ペイオフ)の対象となっていますので、安心して運用できます。

外貨定期預金を比較する時のアドバイスその1

マーケットの見通しを立てる

外貨定期預金は外国為替市場の動向に大きく影響を受ける商品です。マーケットがどちらの方向に動くのか、いわゆる相場観が求められるといってもよいでしょう。そして、ご自身の予測と違う方向に動いたとしても許容できるよう、余裕資金での運用が必要です。
流動性を考慮する
原則として、外貨定期預金は中途解約することができません。やむを得ない事由により中途解約できたとしても、中途解約利率が適用され、期待した利回りを得られません。
金融機関の安全性を確認する
外貨定期預金は預金保険の対象ではありません。したがって、格付けなどで預け入れ先の金融機関の経営状況を知ることが安全性の確認につながります。

外貨預金の特徴

外貨定期預金は外貨で一定期間預金する商品です。元本も金利も外貨のため、為替リスクがあります。また、預金商品ですので外貨での元本は保証されますが、為替レートは常に変動することから、外貨を購入したときの為替レートと外貨を売却したときの為替レート次第で利益が出たり(為替差益)、逆に損失が発生(為替差損)することがあります。余裕資金での運用が適しているでしょう。なお、外貨預金は預金保険の対象ではありません。預金をする金融機関の経営状態も考慮する必要があるでしょう。
また、外貨定期預金を選ぶ際のポイントとしては
金利と為替コストの両方を考慮する
いくら外貨預金の金利が高くても、為替コストが高ければ実質利回りは期待したほどではなかったということもあります。この場合、為替コストの額を率に置き換えて、金利から引いて見てはいかがでしょうか。たとえば、金利1%の期間1年の米ドル定期預金で、為替レートは1米ドル=100円とします。為替コストが往復で1米ドル当たり2円なら、率に換算すると約2%。金利1%-為替コスト2%=-1%とマイナスの利回りとなります。もし、為替コストが往復で1米ドル当たり50銭なら、同様に計算して1%-0.5%=0.5%。この場合はプラスです。このように金利だけでなく、為替コストも合わせて考えることが重要です。(この計算に為替変動および税金は考慮していません)

定期預金金利と外貨の比較

外貨の定期預金を比較の対象してはいかがでしょうか。
三菱東京UFJ銀行の外貨の定期預金は、100通貨単位以上で各国通貨で運用する定期預金です。
円の定期預金と比較して金利は魅力的です。
3万米ドル相当額未満を1年預けるケースで比較すると、米ドルやユーロで約2.8%、イギリスポンドで約4.3%、オーストラリアドルで約5.6%、ニュージーランドドルは約7%です。
東京UFJ銀行のスーパー定期預金では金利が0.350%ですから、金利だけを比較しても100倍から200倍です。
100万円は2007年11月15日時点で11,790ニュージーランドドルですから、それを金利7%で単利計算でも13年ほどで元利合計が倍になります。
円の定期預金で比較すると、同じ100万円を金利0.35%で倍にするには、単利計算しても286年も掛かります。
外貨の定期預金も是非、比較検討してみてはいかがでしょうか。

右肩上がり円定期預金 – 東京スター銀行 仕組預金

預入期間

●3年タイプ:3年(3年または2年満期) 当初満期日(設定日の3年後応当日) 繰上満期日(設定日の2年後応当日)
●6年タイプ:6年(6年または4年満期) 当初満期日(設定日の6年後応当日) 繰上満期日(設定日の4年後応当日)
●10年タイプ:10年(10年または6年満期) 当初満期日(設定日の10年後応当日) 繰上満期日(設定日の6年後応当日)

最低預入金額

100万円

利払方法

1年ごとの利払い。

満期日の取り扱い

自動継続の取り扱いはありません。
満期日以降は、その時点における普通預金金利が適用されます。

中途解約について

中途解約はできません。

預金保険

預金保険の対象です。

右肩上がり円定期預金 – 東京スター銀行 仕組預金を詳しくみる

楽天ステップアップ預金 – 楽天銀行 仕組預金

お預入期間

最長8年。ただし満期日繰上特約により、当行が満期の繰上を決定した場合には、満期日は当初満期日(8年後)から繰上満期日(3年後、4年後、5年後、6年後、7年後のいずれか)に繰上げられ、預入期間は3年、4年、5年、6年、7年のいずれかとなります。当行の決定による満期繰上が一度も行われなかった場合には、預入期間は8年に確定します。また、自動継続のお取扱いはありません。

中途解約

「楽天ステップアップ預金」の中途解約は原則としてできません。
当行がやむを得ないものと認め中途解約に応じる場合、中途解約に伴い発生する解約日から最終満期日までの満期特約定期預金の再構築額およびそれに伴う費用を当行所定の計算により算出し、元本金額から差し引いた金額を、お客さまの楽天銀行口座の円普通預金へ入金します。この場合、大きく元本割れをする可能性が非常に高くなります。また、お預入れいただいてからご解約までの経過利息についてもお受取いただけません。

預金保険

円普通預金、円定期預金、新型定期預金(満期特約定期預金、為替特約定期預金)を合算して元本1,000万円までと、その元本に対する利息が保護されます。

楽天ステップアップ預金 – 楽天銀行 仕組預金を詳しくみる

プレーオフ – 住信SBIネット銀行 仕組預金

特徴

この預金は、預入期間の延長の可能性がある商品であり、預入時において、最終的な預入期間は確定していません。預入期間は募集時に当社が定める期間とし、募集要項にて発表します。預入期間の延長は、当社が決定します。

金利について

表示金利は募集期間中のものであり、適用金利は募集の都度見直します。募集要項に記載された金利は満期日まで適用されます。

中途解約

この預金は、原則として中途解約はできません。ただし、当社がやむを得ないものと認め中途解約に応じる場合、元本金額から調整金(中途解約に伴い発生する解約日から最終満期日までのこの預金に内蔵されたデリバティブの再構築額およびそれに伴う費用を当社所定の計算により算出した金額)を差引いた金額を、お客さまの代表口座の円普通預金に入金します。この場合、大きく元本割れする可能性が非常に高くなります。

金利上昇メリットの放棄について

経済情勢の変動等により、期間延長決定日における延長後預入期間の実際の市場金利が、預入時に決定した延長後預入期間の適用金利よりも高い場合、満期日が延長される可能性が高くなります。この場合、お客さまは「延長後利率」よりも高い市場金利で運用する機会を失うことになります。
逆に、期間延長決定日における延長後預入期間の実際の市場金利が、預入時に決定した延長後預入期間の適用金利よりも低い場合、満期日が延長される可能性が低くなります。この場合、お客さまは「延長後利率」での運用はできなくなります。

募集の中止について

この預金は、市場環境等によりお取扱いを中止することがあります。当社WEBサイトにてお申込みいただいた後であっても、募集終了日までの市場環境等により、お取扱いを中止することがあります。

お取引きできるかた

当社に口座を開設いただいている個人、法人のお客さま(※未成年の個人のお客さまは利用できません。)

手数料について

この預金へのお預入れ・お引出しに際し、お客さまにご負担いただく手数料はありません。

預金保険制度

この預金は預金保険制度の対象です。

プレーオフ – 住信SBIネット銀行 仕組預金を詳しくみる

パワーステップアップ預金 – 新生銀行 仕組預金

利息

3年後以降、期間が延長された場合、利息は毎年受け取れます。

預入期間

3年後以降毎年、判定日(満期日4営業日前)に市場金利等を参考に当行が期間延長を判定します。最長10年間まで期間を延長する可能性があります。

中途解約

原則として、中途解約できません。当行がやむを得ないものと認めて中途解約に応じる場合、損害金をご負担いただくため元本割れする可能性が高く、市場動向によっては大きく元本割れする場合があります。

お客さまのリスク許容度

この商品は「お客さまのリスク許容度2~5」の方にお勧めの商品です。

預金保険

預金保険の対象です。

パワーステップアップ預金 – 新生銀行 仕組預金を詳しくみる

パワーステップアップ預金 – 新生銀行 仕組預金

分類 説明
利息 3年後以降、期間が延長された場合、利息は毎年受け取れます。
預入期間 3年後以降毎年、判定日(満期日4営業日前)に市場金利等を参考に当行が期間延長を判定します。最長10年間まで期間を延長する可能性があります。
中途解約 原則として、中途解約できません。当行がやむを得ないものと認めて中途解約に応じる場合、損害金をご負担いただくため元本割れする可能性が高く、市場動向によっては大きく元本割れする場合があります。
お客さまのリスク許容度 この商品は「お客さまのリスク許容度2~5」の方にお勧めの商品です。
預金保険 預金保険の対象です。

現在、準備中です。
公開まで今しばらくお待ちください。

定期預金とは?

定期預金とは、一定期間払い戻しをしないことを条件に、普通預金よりも高い金利を得ることができる預金です。定期預金は預金時に定めた期間は原則として解約できません。期間中に解約する場合は、通常普通預金の金利よりも安いペナルティ金利が適用されますが、元本を下回ることはありません。
商品性の区別としては、次の点が挙げられます。
預入期間の長短(1ヶ月~10年。一般に長期ほど高利率であるが、市場金利情勢により逆転もある)

 ・単利、複利の別
 ・預入金額による金利階層の別
 ・満期日のみの設定型または、据置期間設定型(期日指定定期預金、6ヶ月据置型定期預金)
 ・固定金利、変動金利の別
 ・自動継続の有無
 ・運用についての特約の有無

中でもデリバティブを組み込み為替や金利変動に対応して払い戻し通貨や満期等が変わるものを仕組預金といいます。

定期預金の金利を比較する時のアドバイスその1

定期預金の比較をするのにネット検索等、さまざまな調べ方があります。しかし、比較の結果、実際に有利な定期預金が見つかったとして、本当にそこに自分の財産を預けることについては、もう1段階、比較検討をするべきです。いくら預けるのか、どれくらいの期間預けるのか、満期になったらどうするのか、金利情勢がどう変わったらどう方針を変えるのか。定期預金 金利の比較を始めたら、結局そこまで戦略を立ててからでないと、届け印と身分証明書と大金を持って新たに定期預金の口座を開くために金融機関の窓口まで行く行動はしないのではないでしょうか。定期預金 金利の比較というと目先の金利や利率の比較で終わってしまいがちですが、資産運用の宣伝したい金融機関側からしてもらいたい気がします。自分の資産管理も自己責任とは言いますが、そこまで時間の余裕がある人ばかりじゃないでしょうか。定期預金を比較の上で金融機関が自分の商品を選んでもらいたいなら、どこかがそういうサービスを始めれば一挙に市場は動くでしょう。定期預金を中立的に比較するアドバイザーです。ファイナンシャルプランナーでは敷居が高すぎますから。定期預金 金利を比較するとは、つまるところは、そういう事だと感じます。

定期預金の金利を比較する時のアドバイスその2

定期預金の金利の比較と言えば、当然ですが銀行とイメージされますよね。現在では定期預金の存在すらただお金を銀行に預けた方がタンス貯金と比較して安全という程度ではないだろうか。しかし日本の定期預金の金利も少し欧米とは比較にならないほどわずかだが定期預金の金利が上がってきた。前のと比較すると喜ばしいことだがまだまだ我々は定期預金の低金利に甘んじているのだ。定期預金をして金利を得れればそれで生活できたという時代はもう30年以上も前のことだ。当時の金利は6%ほどあったというので驚異的な話である。今と比較するのがばかばかしい。ただ今も6%定期預金の金利を提供する銀行が存在する。ただし日本ではないが。オーストラリアやニュージーランドといった比較して高金利の国である。今現在ニュージーランドの定期預金を扱っている某銀行で7%ほどあった。日本の定期預金の金利と比較すると5年もので1%にしかならない。同じ10万円を定期預金でいれたとしたら、ニュージーランドは7000円の金利が付き、日本は1000円の金利しかつかないということだ。全く比較にもならない。もしあなたに余剰資金があって為替の変動を受けるというリスクがあってもかまわないのであれば、日本の円に見切りをつけて外貨の定期預金の金利を狙うのもいいかもしれない。それとも他の金融商品を比較していいものを探すかだと思います。